上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■開催日時
・2014/7/26(土) 21:00 ~ 1:00

■主催者
・CR★wataru

■参加人数
・96名

■大会概要
・1回戦、2回戦、準決勝、決勝の計4回戦制。
・準決勝までは2GP、決勝は3GP 2人1組の合計点で勝敗を競う。
・各回戦における進出人数は6ペア中3ペア。

■大会結果(決勝)
01.png 02.png 03.png

36 + 24 + 24 = 84pts : きのぴおのよっしー
39 + 29 + 37 = 105pts : きのぴおのいかろす
きのぴおの : 189pts

31 + 39 + 41 = 111pts : RR☆たそがれ
16 + 20 + 28 = 64pts : RR☆ケケ
RR : 175pts

23 + 19 + 36 = 78pts : FFけんきょなナイト
21 + 43 + 28 = 92pts : FF☆きたないにんじゃ
FF : 170pts

36 + 26 + 40 = 102pts : mbg.エマール
22 + 19 + 19 = 60pts : mbg∞ゆうじ。
mbg : 162pts

29 + 22 + 15 = 66pts : Rm§NOBUO
23 + 32 + 26 = 81pts : Rm§ミトラ
Rm§ : 147pts

30 + 23 + 23 = 76pts : NEX☆tossy
22 + 32 + 11 = 65pts : NEX☆Desire
NEX : 141pts

IDを変更しての参加で、ネヤさんが決勝に進出。
CRを引っ張り続ける実力者、その力は十分すぎるほど通用していました。

P-Oneさんが惜しくも準決勝敗退。
私はメンバーのせーわさんと組み参加しましたが
健闘虚しく初戦敗退となりました。

マリオカート8で、初めての大会主催となりましたが
やはり進行とプレーの両立は難しく
個人的に悔しい大会となってしまいましたが
大会を無事に終えさせられた事は
素直に嬉しく、そして安堵しています。

色々、思う所はありましたが
私に関わる全ての方々の為にも、そして自分の為にも
人間として成長する必要があると痛感しました。

この大会を足掛かりとし、
今後マリオカート8が盛りあがってくれる事を切に願います。
参加者の皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト
2014/7/27(日) 22時00分に行われた交流戦の結果です。

CRKGR727.png

今回は1レース目からCRメンバーで前を固めることができ
その後もこちらの選択コースが多く選ばれたこともあり
常にこちらのペースで快勝することができました。

結果ポイントの通り、皆が安定してポイントを稼いでおり
CRメンバーのVS走力の向上をひしひしと感じます。
が、私自身としてはポイントはともかく
走りの内容は細かいミスが目立ち
1位を走っていても2位の味方に抜かされそうになったり
抜かされたりしていました。

今回は味方が上位に居たので問題はありませんでしたが
今後そうでないときも多々あると思いますので
走りの安定性の向上に努めていきたいと思います。
筆者 : ネヤ
2014/7/20(日) 22時00分に行われた交流戦の結果です。

CRREB720.png

REB様とは二回目の対戦となりました。

相手のキーマンであるマサト氏を中心に
潰しを強く意識しましたが、機能できないレースも多々...。
得点力に乏しい為、チームに貢献できるプレイの幅を
増やしていきたいと思います。

8では初めてとなる配信をしながらの交流戦でしたが
必要以上に気負い、走りが乱れてしまった事も反省点です。
同時に、配信しながら高いレベルでのプレイを見せる
ネヤさん、くさあんさん、P-Oneさんに尊敬の念を抱きました。

まだまだメンバーに頼ってばかり。
少しずつ確実に、前進していきたいです。
筆者 : wataru
2014/7/17(木) 23時00分に行われた交流戦の結果です。

crmbg.png

今回の交流戦は、自分がやりたいと言い出したにも関わらず
回線不良により参加できず、自チームや、相手にも迷惑をかけてしまい
本当に申し訳ない限りです。
原因は未だわかっていませんが、
交流戦までには準備をしっかりと整えていけるようにします。

交流戦の内容については、mbg様の絶対的な個人力と、
サンダー等の味方支援も非常によくできており、
太刀打できていない場面も見られました。
そのような、自チームではまだ確立されていない長所や
伸ばしていけそうなところを押さえ
少しずつ自分を含め成長していけたらいいと思います。

交流戦後の反省も、
きっと次の戦いに生かしていけるところが必ずでてくると思うので、
今回の交流戦のみにならず、敗北してしまった交流戦で何がいけなかったのか、
何が足りなかったのかを把握して改善していけるようにしたいと思います。
筆者 : Justin
2014/7/13(日) 23時00分に行われた交流戦の結果です。

crreb.png

今回のお相手はマサトさん率いるREB様でした。
Wiiの古参チームである、BTLのメンバーの方達が中心となり結成されたチームで
CR同様、Wiiから8への移行を果たした数少ないチームの一つでもあります。

走力だけでなく連携の強化にも力を入れているCRですが、
Wii時代に500戦以上もの交流戦を潜り抜けてきたチームが相手とあって、
連携面ではやや苦戦を強いられました。
それでも3GPを通して勝ち越すことができたのは、
常に前に数名を配置した上で、
各順位で役割を明確に果たせていた所が大きかったのではないかと思います。
味方に飛んだ棘をクラクションで破壊したり、
味方同士順位を譲りあって赤を放つなどといった連係も十分に機能し、
たとえ相手に前を取られるレースであっても、
きちんと中位を固めることができました。

まだまだ未熟ではありますが、
少しずつ成長していることを実感できる交流戦でした。
今後も各メンバーの個人力や連携面での強化に励み、
より高みを目指したいと思います。

REB様、お相手ありがとうございました。
筆者 : seiwa
2014/7/13(日) 21時30分に行われた交流戦の結果です。

crxs.png

今まで何度か交流戦に参加してきましたが、なかなか思うように走れず
Wiiのようにうまくいかないものだなと毎回感じています。

今回は味方の方たちが毎レースかなり前を張っていてくれたおかげで
自分は後ろで敵つぶしに専念することができました。
なかなか上位に入ることができず申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが
味方のおかげで終始こちらのチームに流れがあったと思いますので
それが今回の勝ちに結びついたと思います。
味方が上位の時にこちらが選んだコースが
よく来てくれたのも良かったかなと...。

上位独占が強いこのゲームで上位陣になかなか喰らい付けないのは
自分の実力不足なので少しずつ上位陣に喰らいつき
もっとチームに貢献できるように、これから頑張りたいと思います。
筆者 : グリコ
2014/7/12(土) 22時00分に行われた交流戦の結果です。

cr8ng.png

バイクのエキスパート、8NG様との対戦でした。

バイクの長所である性能値の高さ、変幻自在の旋回力
それらをフルに活用してくる彼らに、最後まで苦しめられました。
勝敗の決め手となったのはやはりサンダードリフト
最大限に生かされるコースでは、成す術がなかったようです。

ターニングポイントは、1GP4レース目
64 キノピオハイウェイで上位4を固められましたが
次レースの 8虹 にて見事巻き返しに成功。
コース運と味方の集中力、技術に感謝です。

交流戦の度にメンバーと話し合いを重ね
連携は皆無と評されるMK8の交流戦において
チームプレーが要所で出ていた点。
得点力のあるメンバーを、更に輝かせていました。

今後も、チームプレーに重きを置き
その上でメンバーの長所を100%発揮できる
そんなチームで在りたいと切に願います。

交流戦中、終わった後も雰囲気良く過ごせました。
プレーにおいては、個人的に反省点が多々ありますが
勝てた事は素直に嬉しい。やったぜ!

8NG様、メンバーの皆様ありがとうございました。
筆者 : wataru
2014/7/11(金) 23時30分に行われた交流戦の結果です。

crcaj.png

今日は久しぶりにCRでの交流戦でした。

個人的に10日ほど日数が空いていたので、
そもそもまともに走れるのかどうかのレベルだと考えていました。
しかし蓋を開けてみると、潰しや味方を活かす走りができ、
前もそれなりに張れていたと思います。
あとは今日の交流戦の走りを忘れずに継続、
そして更に上の走りを目指すことだと思います。

今回の交流戦はやってなかった割には良かったとは思いますが、
まだまだ改善出来るところは山ほどあると思いますので
浮き彫りになった課題をまずは一つ一つ着実に達成出来るよう、
今後も励んでいきたいと思います。
筆者 : SEN
2014/7/6(日) 22時に行われた交流戦の結果です。

CRIH2.png

今回の交流戦はMK8における密集時の対処方がキモだった感じがします。

1GP目は前が有利なコースの連続ということもあり、
終始相手側に独占され、そのまま上がれずに終わるという結果でした。
しかし、その中でも味方同士の致命的な潰し合い、
及び個人のミスがあったのもハイライトを確認すると見えてきます。
今回のトリプル系は即装備なので、
味方同士の警戒もある程度は・・・と思います。

あとはマップ確認の大切さ。

”離れてはいるが無防備に近い1位の敵、2位に味方
そのすぐ後ろの3位も味方でかつ赤甲羅を持っている”

こういった状況が自身味方含め、今回2レースもありました。
追い上げようとしているのに
減速して譲るという手段は普段考えられないですが、
状況によっては相手を陥落させるチャンスになります。
こればかりはひたすら経験を重ねて慣れていくしか無いですね。

団体戦の難しさを改めて知った一戦でした。
筆者 : P-One
2014/7/5(土) 22時に行われた交流戦の結果です。

crib.png

P-Oneさんの初陣となる一戦でした。

チームとしては、ネヤさんを中心に
早い段階での前固めから、中位の隔離による逃げ切り
といったレース展開が多かったです。
上位陣も的確な動きで、追いつかんとする相手を潰し
味方の順位を底上げ出来ていたのも良かった。

個人的な反省は、隔離のタイミング。
上位を走っているにも関わらず、不必要な隔離を入れる事で
結果的にチームとして取れる点数を減らしてしまった事。
また、味方潰しも多く犯してしまいました。

走力でメンバーに遅れを取っている分
アイテム運用は確実に行って行きたいです。
今作では妨害アイテムの威力が猛威を奮っていますが
使い所を誤れば、流れを相手に渡してしまいます。

確実なプレーで、チームに勢いを齎せるよう頑張ります。
ib様、メンバーの皆様ありがとうございました。
筆者 : wataru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。